妊娠の超早期診断

赤ちゃんの異常、妊娠異常に早期に対応できるよう「超早期診断」を行っています

妊娠超早期診断のメリット

1.胎児が正常に成長しているかがわかります。※ 妊娠7週までは個人差はありません
2.子宮外妊娠、胞状奇胎等の妊娠異常が早期にわかり対処が早くできます
3.切迫流産の概念(出血等を根本から変えることができます
4.妊娠日数の早期確定により不要な帝王切開を減らすことができます

妊娠の超初期正常経過

排卵日に排卵された卵子は受精し妊娠がスタートします
胎児が正常に成長している限り以下の経過に当てはまります

排卵後 7日目 早い人は7日目(着床日)頃から乳首の変化(痛み、勃起)に気がつきます
排卵後 14日目 妊娠4週0日  妊娠検査薬が薄く反応します
排卵後 16日目 妊娠4週2日  超音波検査で胎胞(GS)が見えてきます(1.5mm)
排卵後 17日目 妊娠4週3日 以後妊娠5週0日まではGSは毎日1mmずつ大きくなります
妊娠5週目以降は、GSの成長が人によって異なります
排卵後 23日目 妊娠5週2日までにGS内に卵黄嚢(YS)が確認できます
YSの大きさが5mm以上の場合、流産の可能性があります
排卵後 26日目 妊娠5週5日  胎児の頭臀長(CRL)1.5mmで胎児の心拍が確認できます
心拍数は90~95です。心拍の見えた時点で流産率は5%以下です
以後7週3日まで1日5心拍ずつ増加していきます
排卵後 27日目 妊娠5週6日前半 CRL2.0mmで心音が聞こえてきます
CRLは1日0.7mmずつ成長していきます
CRL測定により妊娠日数の8時間毎(前半 中盤 後半)まで推定できます
排卵後 38日目 妊娠7週3日 心拍数が150になります
以後個人差が出るため心拍数での妊娠日数は推定できなくなります
この時点で流産率は1%以下になります