4Dエコー

 

立体的な画像で、赤ちゃんの表情や指を動かしたりする様子を見ることができます。
ぜひ4Dエコーを体験してみませんか?きっと忘れられない思い出となるでしょう!

4Dエコー装置

一般に普及している超音波診断装置に比べ精度が高く、妊娠初期の胎児の姿を鮮明に映し出すことができます。
体調1cmの胎児(妊娠7週)でも、立体的な画像で映し、妊娠後期になると笑うような表情を見せたり、指を動かしたりする赤ちゃんの様子を鮮明に見ることができます。
妊娠初期から鮮明なビデオ撮影ができます。

4Dエコー画像

専用のセンサーをお腹に当てるだけで、動きのある立体的な赤ちゃんの動画をリアルタイムに見ることができます。
通常の検診で使う2D超音波よりも顔の表情や様子が鮮明に映ります。

↓妊娠9週2日目の赤ちゃんの写真(身長2cm)

↓妊娠11週3日目の赤ちゃんの写真(身長4cm)

↓妊娠16週1日目の赤ちゃんの写真(座高9.5cm)

成長の記録(DVD)

↓赤ちゃんの成長過程をビデオ映像としてDVDに記録しています。