子宮がん検診(子宮頚がん・体癌)

海老名市、座間市、綾瀬市のクーポンも利用可能です。クーポンが配られたときだけではなく、年に一度の検診がおすすめです。結果時に子宮・卵巣をエコーでチェックすることもできます。 

  • 子宮頚がんは20~30代で急増します。

    ○ 子宮頚がんは初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、しばしば発見が遅れます。
    ○ 子宮頸がんは20~30代で急増しています。
    ○ 日本では年間15,000人の女性が発症し、3,500人の女性が亡くなっていると報告されています。
  • 予防できるワクチンがあります。

    ○ HPV(ヒトパピローマウイルス)は皮膚や粘膜に存在するウィルスです。
     100種類以上ありますが、子宮がんの原因となるのは15種類ほどで、「発がん性HPV」と呼ばれます。
    ○ 性行為により発がん性HPVは感染します。特別な人だけが感染するのではなく、多くの女性が一生のうちに一度は感染します。
    ○ 発がん性HPVには15種類ほどのタイプがあり、その中でもHPV16型、18型は子宮頸がんから多くみつかるタイプです。
  • HPVウィルス型の検査が必要です。

    ○ 発がん性HPVの中でもHPV16型、18型の2種類は、その他の発がん性HPVに比べて、特に子宮頸がんになりやすく、
      20~30代の子宮頸がん患者さんから高い頻度でみつかっています。
    ○ 子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、このHPV16型、18型の感染をほぼ100%防ぐことができます。
    ○ HPV16型、18型に感染している人をワクチンによって治すことはできません。
  • 治療

    ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。
□ 子宮頸がんは、ワクチンの接種と定期的な検診で予防できるがんです。
□ 早期発見のため、ワクチン接種をした後も定期的な子宮頸がんの受診が必要です。